ボルマン理論FX Root Cause Marketing OFFICE 吉崎佐次郎は稼げる?評判を調査

吉崎 佐次郎

管理人のtopiです。

 

さて『ボルマン理論FX』という商材について取り上げたいと思います。

特定商取引法とは?

訪問販売、通信販売、連鎖販売取引等といった消費者トラブルを生じやすい特定の取引形態を対象として、消費者保護と健全な市場形成の観点から、特定商取引法を活用し、取引の適正化を図っています。
特定商取引法では、事業者の不適正な勧誘・取引を取り締まるための「行為規制」やトラブル防止・解決のための「民事ルール」(クーリング・オフ等)を定めています。

出典: www.caa.go.jp

簡単に言うと、訪問販売や通信販売などを利用する消費者を守るための法律です。

ホームページなどで商品を販売をする上で、必ず「事業者名」「代表者名」「住所」「連絡先」
などの表記をこの法律に基づき義務付けられています。

ボルマン理論FX 特商法の記載

販売者名 Root Cause Marketing OFFICE 吉崎 佐次郎
所在地 〒184-0003 東京都小金井市緑町4-11-15小金井テラスハウス1
050-6872-4906
affiliate1@kabukimono.net
ホームページ https://hyperclickscal.ioiv.net/

ボルマン理論FX セールスコピー

2012年のHyper Click FXの発売から5年、これまでにない画期的なFXスキャルピングツールの開発に成功いたしましたので、ここに公開させていただきたいと思います。

現在、一般的に普及しているMT4用ツール(売買サイン・シグナル系ツール類など)は、全て過去のものになってしまうかもしれません。

相場分析力、収益力、など、すべてにおいて次元が違うからです。

又、今回のシステムにおきましては、人間工学に基づく操作感覚などすべてにおいて徹底的にこだわりました。

ひとたび本システムを起動させれば、既存のツールでは決して味わったことのない、未体験の感動の嵐が巻き起こることでしょう。

【Hyper Click Billionaire Scalping】製作者:長谷川 周一

出典:販売ページ

ボルマン理論FX 概要

本システムは、手動で建てたポジションに対して自動的にValiableStop(直近高値安値を基準にした可変ストップ)を置いたり、トレーリングストップやストップ建値移動などの機能も備えておりますので、汎用ツールという意味ではシステムトレードに分類されるかも知れませんが、本質はこのような機能を利用した裁量トレードにあると考えております。

出典:販売ページ

ボルマン式のスキャルピングトレードの理論・実践というのは、結構難しいものみたいです。初心者ににはとっつきにくいみたいですが、この商材は初心者にもわかりやすくしてくれているみたいです。

料金

販売価格 HyperClickBillionaireScalping 販売価格:33,333円(税込み)
SP(スペシャルバージョン)価格:55,555円(税込み)
EX(エクストラバージョン)価格:77,777円(税込み)

上記が販売価格になります。3つのバージョンがあるみたいですが、内容はどうなんでしょうか

口コミなどを見ていきましょう。

評判や口コミ

いきなりスキャルピングから始めても
勝てる人はほとんどいません。

他のトレードで利益が出るようになってから
スキャルピングに挑戦したほうがよいでしょう。

出典: fx-kazu.seesaa.net

ボルマン理論を再現できるスキャルピング専用のツールとして、この手法にもし興味があるのであれば、使ってみる価値はあると思います。

販売ページは文章が多くて、これを読んだだけではイメージしづらいかもしれません。

「Hiper Click Billionaire Scalping」は様々な機能を備えており、かなり細かくカスタマイズすることができるので、高度に使えるプロ仕様のスキャルピングツールだと思います。

出典: fx-manual.com

まとめ

この記事では、『ボルマン理論FX』についてみてきました。

この商材を買っても稼げるようになるかは難しいと思います。特に初心者の方が買ってしまうと勝てないばかりか借金をしてしまう可能性もあります。

人にもよりますが、いきなり初心者の人がスキャルピングをするのは少し難しい感じがしますね。このツールはスキャルピング専用なので厳しいでしょう。

初心者の人はトレード手法を限定しないで、デモでも少額からでも、まずは実際にトレードしてみて自分に合った手法を確立していった方がいいと個人的には思います。

だからと言って必ず勝てるということはないので、よく考えてからトレードするかどうかを決めたほうがいいんじゃないでしょうか。

上記の理由により、管理人としてはおススメできません。

 

管理人topi